40年間ずっと信じてきた常識が間違っていた。1日1食を目指そう!

こんにちは、川野です。

今日のブログ記事は、
またも俺は「常識」に騙されていた!

ちくしょー!

もう、常識なんて信じないぞ!

となった
過去の体験のひとつ。

食生活についてのお話です。

40年以上、信じてきた常識。

朝・昼・晩と3回、
ご飯を食べましょう!
の当たり前の食生活。

僕は、
なんの疑いも持ってなかった。

けど、
ある日

ネットビジネスで2億円以上稼いでいる方とお話をしていたら

「1日1食にすると、体の調子メッチャ良くなるよ」

「お腹一杯になるまで食べずに、腹8分目にするとマジでブログ書く作業効率がメッチャ上がるよ」


教えてもらいました。

自分よりも稼げている人のアドバイス。

絶対に有益な情報に違いない!
と、信じて疑わない川野。

(貧乏でイケてなかった頃の僕は、有益な情報を「本当かよ」って疑って素直にやらなくて、自己流をかましているアホでした…)

よし、早速やってみよー!
フットワーク軽く試してみたら

なんだ!?

これ?

身体の調子、メッチャええやん!

特に昼飯の後に襲ってくる睡魔が来ない!

眠たくならない!

頭スッキリしてる!

マジで作業効率
上がったわ!

って感じで
劇的に日常生活が変わった。

1日1食にすると
どんなメリットがあるのか
書きとどめておきます。

効果効能

まず、
1日1食にすると

おっさんあるあるですけど、
毎朝感じる

「なんだか疲れがぬけないなー」

って倦怠感がなくなった。

朝の目覚め、超スッキリ!

「え、いつも感じてたあの倦怠感、どこいったの!?」

ってぐらいのレベルで

1日1食にした翌日から
この効果を感じることが出来ます!

それまでは、

「俺は低血圧だから、朝苦手なんだよな、身体がだるいんだよな〜、起きれないんだよな~」

と、本気で思っていたし
周りにもそう言っていた。

なんせ、血圧計った時にお医者さんに

「血圧、低っ!w」

って笑われるぐらい
僕は低血圧なのです。

「あー俺は低血圧なんだー」=「朝、苦手なんだー」

という
どこで聴いたのか?覚えたのか?

その「常識」に
無意識に支配されていた。

でも、そうじゃなかった。

おっさんになって
倦怠感が抜けない・朝、起きられない原因の多くは

「飯の食いすぎ」です。

そもそも「食べる→胃で消化」するというのは

身体にとっては、
かなりの重労働なのです。

食べる=エネルギーの補給

という考え方の前に

食べる=食べたものを消化するために内臓は激しい運動をしないといけない。

胃を強制的に働かせているブラック企業
ぐらいの考えを持った方がいいです。

胃はサボれません。

食べ物が流れ込んできたら

「まだ、仕事あるじゃん!終わらねー!!」

終電になっても仕事が終わらないから
帰れないサラリーマンのごとく…

胃は、
働いてくれます。

文句も言いません。

優秀な社畜です。

実はこのように
胃が頑張ってくれているなんてこと

僕らは1ミリも考えたことないです。

それを何も知らずに、1日3回365日休みなく

食べ物をバクバク食べて

胃を働かせまくります。

胃からしてみたら、

あなたの身体の一部である私をこんなに働かせてたら

そら、身体の疲れ
抜けないよ…

って感じです。

1日1食にするということは

まず、この「消化運動」の回数が減るから

身体が無駄に疲れなくなる。

なので
倦怠感がなくなるのです。

朝の目覚めが毎日、スッキリです。

朝からこんなにもエンジン全開で作業できるんだ〜
と、驚きました。

これ、今流行りの「プチ断食健康法」も同じ原理ですね。

食べ物を一日ストップさせて内臓を休ませましょう。

そしたら、翌日から体調が良くなります!

ってのと、
一日一食の原理は同じなのです。

あと、人間は空腹になると

集中力が上がります。

動物はもともと、飢餓状態になると
食べ物を探すために

集中力と緊張感が高まる生き物です。

「早く食べ物を探さないと、死ぬ!」

僕らの本能が、そうさせるのです。

お腹が空くだけで危機感が芽生えます。

僕は1日1食にして空腹の時間が増えてから

本を読んだり、ブログを書いたり

稼ぐための行動。

集中力が2倍以上に跳ね上がった。

集中して作業できるから
生産性が爆上がりした。

空腹=集中して作業が出来る!

です。

ブログを書くときに

  • 集中力が持続できない
  • 眠い

と嘆いていた過去の僕。

「俺は生まれつき集中力がないんだ〜」

「ダメなやつだわ」

「ブログ書く作業すると、眠たくなるのは自分にはこういう作業が向いてないからなんだ」


落ち込んでいましたが

そうではなかった。

間違った常識

1日3食の食生活

そこに何の疑いも持っていなくて
日常的に取り入れていたから

身体が疲れて集中できなかっただけだった。

それが「1日1食」という非常識に切り替えただけで

メッチャ変わった。

お金もかからないし、
ご飯を作ったり、食べる時間も余ってくる。

コスパ最強です。

過去の稼げなかった頃の僕が
何事にも集中力を維持できないのは

1日3回、飯を食う!
間違った日常生活の常識が原因だった。

未熟だから、
出来が悪いから

そーいう思考になっていた自分が
無知で恥ずかしいわ!って思いました。

お腹すくじゃん…

僕はこの1日1食が良い!
ってこと

多くの人に言いまわってるんだけど
必ず言われるのが

絶対に腹減るやん!

そんなん無理!

です。

確かにお腹は空く。

でも
全然、大丈夫。

人間は慣れます。

食べる量が減る分、
栄養面で気を使う必要はあるけど

1日1食で

何も問題はおこりません。

いや、まぁジャッジ甘めで言うと
1日2食でもOKです。

とにかく3食を満腹まで食べるのが
ホント駄目。

1日1食のとっかかりとして
朝飯を抜いて

昼・夜
腹8分目


おススメかな。

あと
朝飯を抜くとチカラでないとか言う人もいるけど

朝飯ほど、なんとなく習慣で食べている
不必要なものないです。

現代における常識

朝にパンを食べる食文化は
あの発明王であるトーマス・エジソンが

自分の発明したトースターを売るために

「みんなも、賢くなりたかったらエジソンみたいに朝からトースターでパンを焼いて、朝ごはんをモリモリ食べよう!」

ってことで
宣伝しまくって定着した食文化なのです。

なので、本当に

朝飯なんて食べなくて良い。

無駄。

と、

ここまで「食べるな!」と口やかましく
こんな風に書いている僕だが

元々、僕は食べることが好きだ。

(どないやねんっ!?w)

なんせ、小学生の頃は一日、5食も食べていたからねw

(超デブでした)

そんな人間が
今まで3回食べれていたものが
1回になる。

「食べる喜び」が2回減る…

くそおおおおおお!

嫌だ!

損してる!

と思っていた。

でも、長期的な視点で考えると

1日1食の方が本当の意味で得する。

食費もかからないし、
身体への負担も減るから健康でいられる。

集中力が上がるので
ブログを書いたりする生産性がアップする。

収入が増える。

良いことだらけです。

そして
「一食だけしか食べれない」ことは

「変な物を食べない」

って心掛けがメッチャできて
身体が超健康になる。

昔の僕はお昼ご飯、
作るの面倒臭いな…

「カップ麺とおにぎりでいいやー」

でインスタントラーメン食べることが多かった。

これ、日常的にやってると
当たり前ですが、身体に良くない…。

これが、
1日1食しか食べれないってなると

「どーせ、食べるなら美味しいものをちゃんと食べたい!」

って気持ちが自然に沸き起こります。

なんかテキトーなもの食って
空腹を紛らわす

そんなもので

「俺の一食を終わらせてなるものか」

となるので

栄養面でも健康面でも
良いものを食べる習慣になります。

食の質が向上するのです。

これも、1日1食の恩恵。

あと、歴史的にも
仏教の教祖であるお釈迦様も

「一切の疾病は宿食を本とす」

食べ過ぎは万病の元と

2500年前から言うてはるわけです。

ちなみに最近の僕は
1食しか食べれないことによって

「食べることの喜び・ありがたさ」

というものを
以前よりも感じれるようになった。

なんか年寄り臭いかもしれないけど

食べること・食べられること

この常識は

  • 農業をしている人
  • 畜産をしている人
  • 漁業をしている人
  • 小売業をしてくれているスーパー

などなど

全ての存在があって僕の食卓は
何に不自由することなく

食べるということができているんだな。

ありがたや
ありがたや…

日常への感謝の気持ちが倍増する。

だから、自分も何か
他人の役に立てるように生きないといけない。

他人から感謝されることをしないといけない。

普通にそんなマインドが育つ。

そういう背景があるので
僕は本来、面倒臭がり屋でサボり魔の人間のクセに
結構、仕事してるw

実際に僕の
このブログ記事を読んでくれた人も
1日1食に切り替えて

ブログを書く生産量がアップして
稼げる金額が40倍になった人もいる。

特別なことしてない。

飯を抜いただけ。

食べることを2回やらなくしただけ。

それで人生が変わるのだから
まじでおすすめ。

まとめ

1日1食

この非日常を取り入れると
マジで人生変わります。

ここで素直に「やる人」は
この先、ブログで稼げる見込みのある

成功者の教えをパクれる人です。

逆に「やらない人」は
いつまでも世間の大勢の人の言ってる事

常識

そこから抜け出せない
変われない…

昔の僕のように貧乏に苦しむ
自己流で無駄な努力をすることになる

ブログで稼げるようになるのが厳しい人です。

新しい世界にたどり着くために生活習慣を変えるのは

本当に大事です。

1日1食やってみましょう!

P.S.

実際に僕のやっている食生活

起きたら
バターコーヒーを飲む

(だいたい8~10時くらい)

ニュージランド産 グラスフェットバター無塩1kg 冷凍

ニュージランド産 グラスフェットバター無塩1kg 冷凍

2,550円(08/13 12:00時点)
Amazonの情報を掲載しています
仙台勝山館MCTオイル360g(ココナッツ由来100%・中鎖脂肪酸)

仙台勝山館MCTオイル360g(ココナッツ由来100%・中鎖脂肪酸)

1,998円(08/13 12:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

コーヒー豆は
カルディコーヒーの
マイルドカルディ9番挽き(カフェプレス用に粗挽きした豆の方が良い)

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

デイヴ・アスプリー
1,230円(08/13 12:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

バターコーヒーの効果効能は
こちらの本で読めますが少しだけ紹介すると

  • コーヒーに含まれるカフェインで脳を活性化する。
  • ココナッツオイルの中鎖脂肪酸で脳にダイレクトにエネルギーを供給し、グラスフェッドバターに含まれる抗酸化作用が高い必須脂肪酸のオメガ3で身体を若返らせます。
  • 通常のコーヒーよりも目が冴え、頭の回転が速くなり活力が湧くことを実感できる。

などです。

僕は毎朝、バターコーヒー飲んでます。

お昼過ぎ13時~15時まで
極限にお腹が空くまで集中して

  • ブログ記事を書いたり
  • 本を読んだり
  • 企画を考えたり

頭を使う知的労働をする。

(最近は一日中、映画や漫画を見てるだけの日が多い)

そして遅めの昼飯は、

  • もやし
  • 豆腐
  • 豚肉

具だくさんの
味噌汁を作って飲むことが多い。

味噌はマジで健康に良いので
おススメ。

足りないと思われる
タンパク質や栄養はプロテインやサプリで補充してます。

ちなみに
ビタミンCは身体で生成できないので
絶対にサプリで摂取した方が良い。

ビタミンCを毎日ちゃんと摂るだけで
身体の免疫力が上がる。

P.S.

パナソニックの創設者:松下幸之助さんも
知的労働のために

生涯、粗食を貫いていたらしいし。

よくよく考えると
1日1食にしよう!って習慣も

結局は
過去の成功者の思考を丸パクりなわけですw


転職活動ランキング

ポチっとして頂けると励みになります!

借金300万円のダメなおっさんがブログで稼いだ方法を大暴露!


38歳で会社をダメにした実績しかなかった僕がブログで稼げるようになったノウハウ。


クリックで読めます!