昔の僕は本当にバカで無能だった【人に言いたくない話】

どうも
川野です。

今回は、
今は稼げているけど、過去の自分はバカで無能だった

という
ちょっとプロフィール的な記事を書きます。

僕は現在、ネットビジネスと呼ばれるモノ

  • Amazonでのネット販売
  • 完全放置で月間PV数が1万アクセスのブログで自社サービスの販売・アフィリエイト


月収80万円くらい稼いでいます。

さらに今は
「ブログで稼ぎたい」って言ってる人にアドバイスをして

その人を「ブログで稼げるようにする」こともやってます。

よくメールで

「ブログやってるけど稼げない」

って
来るんですけど

その人の悩みを聞いて
10分くらいアドバイスするだけ。

それで

「ブログで初収益出ましたー!!」

って報告メールが来ることも
しょっちゅうです。

あと
リアル飲食店にアドバイスして
売上げをアップさせたこともあります。

ネットビジネスで累計3億円稼いでいる人に
セミナー講師の依頼を受けて、zoomセミナーすることもあります。

webで人を集めたり、
商品の売り方を説明したり。

稼げなくて困っている人の
お助けマン的なことができる。

webもリアルも両方やれる
マーケターとして動いてます。

なぜ、そんなことができるのか?

僕は、
38歳の頃に

周りの人に「異常」と言われるぐらい
ビジネスの事を勉強しました。

  • マーケティング
  • コピーライティング
  • 人間心理学

この辺を猛勉強しました。

そして
ネットビジネスで稼げるようになり
お金に困らない生活にたどり着きました。

それからは、
先に説明したような感じで
自分のペースで働きながら

  • 毎日、寝たいだけ寝て、起きたい時に起きる
  • 働かない時は週7で休む
  • 好きな物をためらわずに買う
  • 好きな時に、行きたいところに行く(コロナで自粛してるけど)
  • 一日中、ゲームして過ごす日もあるw
  • 息子二人を私立中学に通わせる

などなど

かなり自由度の高い生活をしております。

そして、こんなことを言うと
たいていの人に

元々が

成績優秀で賢かったんですよね!

才能やセンスがあったんですね!

行動力や発想力がエグいですね!

みたいに言われるのですが、
マジでそんなことないです!

過去の38歳までの
僕という人間は

バカで無能!

頭、悪すぎるだろ!

って人間でした。

 

特にネットビジネスを始めた頃の僕は

本当にヤバかった…。

38歳のおっさん。

まず、ブログを始める際に

レンタルサーバー借りて
独自ドメインの紐づけと
wordpressのインストールに丸2日ぐらいかかった。

(普通なら、初心者でも1時間程度でできる)

さらにそこから
無料のブログテンプレート探しで
1週間、ブログデザインに時間を使った。

アホです。

そんな時間あるんだったら、
何個かブログ記事が書けるやろって思います。

そして極めつけにヤバかったのが

ネットサーフィンしてて、
自分と同じ時期にブログを始めて

「月収6ケタいきましたー!」

「アフィリで初報酬ゲットしましたー!」

とかいう人を見かけると

「はい、嘘、乙!」

とか、言って

他人を批判・非難しまくってました。

そんなことしても
自分が成長するわけでもないのに…

自分より上手くいってる人を見かけると
嫉妬・プライドが発動して

文句を言う。

そして、他人を非難・批判したことによって
自分の感情がネガティブになってしまい

なんで、俺はこんなにも頑張っているのに
ブログにアクセス集まらないんだ!?

アフィリエイト報酬ゼロのまんまなんだ!?

どーせ、俺にはブログで稼ぐ才能やセンスがないんだ

うわー!

と、凹んで
お酒飲みだして

なんもやらずに寝る。

マジで害悪野郎でした。

 

本当に自分の過去を振り返ってみると

僕は幼少の頃から
どーしよーもなく、バカで出来が悪かった…

 

思い出せる限り、書いていきますと

  • 小中高と勉強しなさすぎて、マジで頭が悪かった。

中間テストで2点(100点満点中)とかだったこともある。

高校は名前さえ書けば、入れるバカ高校だった。

 

  • 小学生・中学生の頃は、気が小さくて太っていたのでいじめられてた。

母親が精神的な病気で入院していたので
「お前の母ちゃんキ○ガイ」とか言われたり

中学校の頃は、ヤンキーに暴力で支配されて、
毎日缶コーヒー買いにパシらされたり。

悲惨でした。

 

  • 運動もできない。

勉強も運動もできない子供は
小中学どちらでも学校内でのヒエラルキーが低い

勉強できるヤツ・運動できる人気者がキラキラして見える。

下層の自分にとって手の届かない世界に見える。

ゆえに、無駄にひねくれていく。

下を向いて日陰を歩く…学生時代となる。

 

  • 厨二病をこじらせて、自分には他の奴らと違った才能があるとか本気で盲信してた。

 

  • そのくせ、男女問わず、相手の目を見て会話ができない。挙動不審。

 

  • もちろん、女子とまともに喋れない。だから、女子と楽しそうに喋ってるやつを「ナンパ者」けしからん!と言い出す。

 

  • 本当は女の子としゃべりたい。モテたい。

 

  • 高校生の頃、喋れない&挙動不審すぎて、バイトの面接に受からない

 

まぁ、少年期〜青年期はこんな感じ。

振り返ってみると
マジでヤバいやつだったと思うw

さらにここから
高校を卒業して社会人になると

 

  • 就職もせずに、フリーター人生。毎晩プレステを5時間以上やって過ごす。

実家暮らしで家にお金も入れない。毎月のバイトの給料10万円くらい

そのお金を貯金もせずに、自分の遊興費で使い切る生活…。

(書いてて、クソかよって思うw)

 

  • 相変わらず、女の子と喋れない。キンチョーしまくる。

 

  • ええ感じに喋れる女の子ができても、自分に自信がなさ過ぎて告白できない。

自分がビビって告白できない期間に、横から入ってきた男に告白されてその女の子付き合ってしまう。

 

  • ここでも現実を受け入れられず、こじらせて「俺、彼女いらんし」とか言い出す。本当は彼女欲しい。

 

  • パチスロにハマってしまい、消費者金融で借金してまでパチスロするパチンカス。

同世代の方ならわかると思いますが、パチスロ4号機の最盛期です。
大花火・獣王・キンパル・北斗の拳・吉宗・ミリゴなどなど

気付いたら、消費者金融の限度額パンパンになってて泣いた。

 

  • 俺はミュージシャンになる!とか言ってたのに、借金返済のためにあっさり夢を捨ててサラリーマンになる。

 

などなど…

ああー
もう自分で自分の過去のこと書いてて思うんですが

 

なんて怠惰な人生を送ってるんだ俺は!?

 

こいつは一体、何がしたいんだっ!?

もっと人生を大切に生きろよ!

このバカでクソのダメ人間が!
って思う。

タイムマシーンがあったら、
当時の自分を50発ぐらい殴りに行きたい!

マジで
説教したいです。

 

さらにサラリーマンになってからは

  • なんとか26歳で人材派遣の会社に就職。

 

  • でも、会社はメッチャブラック企業。サビ残当たり前。給料手取りで16万円

深夜・早朝・土日祝日に関係なく、仕事の電話鳴りっぱなし。

文句と愚痴をただひたすら聞くだけの仕事内容…。病む。

 

  • その年に、できちゃった結婚。

派遣の仕事のおかげでコミュ障が改善されて、女の人と喋れるようになって調子乗ったら即でき婚。

 

  • 結婚、子供できて簡単に仕事を辞めれなくなる。

 

  • ずっと給料が20万円以下のまま。

 

  • 会社の愚痴ばっかり言って過ごす。

 

この時は、もう完全に

思考停止人間になってた。

家族のために働かねば。

毎月、給料持って帰らねば。

 

「俺には、この仕事しかできないのだから」

そう思い込むようにしていた。

機械のように働いてた。

 

そして安酒を飲んで
夜な夜な

「俺の人生、このままでいいのか?」

が永遠、繰り返される。

そんな20代後半だった。

でも、容赦無く
毎日は過ぎ去っていく…

 

そして、31歳の時に
いきなり会社倒産。

リストラに遭う。

サラリーマンという働き方に疑問を感じた僕は

倒産した会社のノウハウをパクって
友人と人材派遣の会社を起業することを決意。

しかし、全く仕事は上手くいかない

 

  • 仕事が上手くいってないのは、景気が悪いからだ

自分が悪いわけじゃない。そー自分に言い聞かせていた。

俺のせいじゃない。
責任逃れしか考えてないクソ野郎だった。

 

  • 超・貧乏な生活&借金300万円

マジでお金無さ過ぎて、1玉5円のうどん食って生活してた。

嫁にフルタイムでパート行ってもらったり、
子供のお年玉を取り上げて生活するクソ親だった。

 

借金の支払いにお金なくて、夜も眠れないくらい
お金の心配事ばっかしてた。

この時に何が一番、辛かったかって

頭が悪過ぎて、何をすれば貧乏から抜け出せるのか

それがわからないことが一番、辛かった。

 

なんとか、日々の生活をするために
夜勤のバイトで肉体労働…

いつか自分達でやっている人材派遣の仕事が上向きになって

暮らしが豊かになるはず…

 

6年間、僕はただ耐えていた。

 

そして、我慢と借金の限界が訪れた…

貧乏から抜け出したい!

このままだと死ぬる!

その気持ちが日に日に強くなり、
僕は変化していった。

 

まず、6年間やっても稼げなかった人材派遣の仕事に見切りをつけて

他に確実に稼げるビジネスはないか?

調べまくった。

そしてネットビジネスに出会った。

もちろん最初は

はぁ?
ネットビジネス?

胡散くさ〜

こんなんで本当に稼げるのかよ

詐欺られるんじゃね?

と思ったけど、
実際に稼げている人が多数いることを知り

自分もやってみた。

 

最初は本当に意味わからんかった。

もちろん、わからないまま行動することはできないので

その都度、調べて、学びながらやった。

正直、頭が悪過ぎて
新しいことを覚えるのに負荷が半端なかった。

 

わからない
わからない
わからない

の連続すぎて
発狂しそうだった。

 

この時に僕は「勉強」の大切さを知った。

 

ビジネスは、

知らないことを調べて、再現できるように模倣していく。

ってことが
一つの原則としてあるんだけど、

そっか、小中高の勉強って

「知らないことを学び、目の前の問題を解いていく」

この負荷に耐えれるようになるために

慣れておくために

大人たちは勉強が大事って言ってたのか…

(まぁ、ここまで勉強することの重要性を言語化してくれる人いなかったけど)

僕は痛感しました。

 

そして僕は

稼ぐためには、学んで行動すること。

学ばずに行動したら、
失敗するという経験を踏まえているので

まず「知識」を手に入れることを重要視した。

 

「学ぶこと」にいちいち、ハードルを感じていたらダメだ。

とにかく、隙あらば「学ぼう!」

僕は図書館に通い、
成功者たちの本を読み漁るようになった。

音声、聴きまくるようにした。

 

でも、実際に学んだことで行動するときは

「失敗するんじゃないか」


恐怖して立ち止まりそうになることもあった。

でも、ここで

すでに失敗だらけの人生

もう、今さら失敗しても
どーってことないわ!

自分にそう言い聞かせて
恐怖する心をかき消して
ひたすら行動した。

↑これは唯一、失敗だらけの人生を過ごした「僕の強み」だったw

 

結果、今のブログという仕組みを構築して稼げる。

他人にブログでの稼ぎ方・ビジネスのやり方を丁寧に教えられる

という次元に到達することができた。

 

いや、本当に「学ぶことの大切さを知る」は

僕の人生において最上級に重要事項です。

だって、「学ぶ」だけで人生は180度、変えれるのだから。

僕のように。

 

勉強の大切さを理解した僕は
息子二人を私立中学に入れた。

メッチャ学費かかります。

年間270万円くらい
学費で吹っ飛びますが

「学ぶことの大切さ」を理解してほしいから
親として「学べる環境」を整えたいと思った。

2022年、高一になった長男は
「特待生」として学校から奨学金が出るという

「勉強できる」優秀な息子に育った。

人生のあらゆる負荷に耐えれるよう、
勉強という訓練を頑張って欲しいと願っていた僕にとって

めちゃくちゃ嬉しいことだった。

(ご褒美にMacbook airを買ってあげたw)

 

このように

元々がバカすぎて

どーしよーもなかった38歳のおっさんは

「学んで」

辛かった人生を、楽しい人生に変えることができた。

本当に「知識」は大事。

これからも僕は、あらゆる知識を吸収しながら

ワクワクする日々を送っていきたいと思う。

 

今日はこんな感じ。

ではでは


転職活動ランキング

ポチっとして頂けると励みになります!

借金300万円のダメなおっさんがブログで稼いだ方法を大暴露!


38歳で会社をダメにした実績しかなかった僕がブログで稼げるようになったノウハウ。


クリックで読めます!