1年後の俺も貧乏なままなのか?この問いが僕の心を動かした

はい、どうも川野です。

今日は、僕が本気でネットビジネスをやる!

そう決意した時のお話です。

僕は、2016年のクリスマスの日

クリスマスプレゼントを用意できなくて
息子を号泣させてしまった経験があります。

この頃、我が家はマジで貧乏で
お金がなくて

毎日を暮らしていくのがやっとの状態でした。

借金300万円

自分でやっている事業も上手くいかない…

出口が見えない状態で

毎日、毎日、肉体労働の夜中の倉庫のバイトに行ってました。。。

 

この頃、小学生だった長男は学校で

「川野の家ってゲームないんだろ、遊びに行っても面白くない」

「川野は3DS持ってないから、こっち来るな」

そういう感じで、
ちょっと仲間外れ的な扱いを受けていたみたいです。

そして、クリスマスイブ。

 

いつもと変わらず、
夜中の倉庫のバイトに行こうとしたら

嫁に呼び止められました。

「これ、見て」

そこには息子が書いた
「サンタさんへの手紙」がありました。

サンタさんへ

僕のクリスマスプレゼントは任天堂のWii Uが欲しいです。

学校でゲームを持っていないのは僕だけです。

いつも○○くんと、△△くんにバカにされます!

悔しいです!

僕もマリオメーカーがしたいです!

友達と家でゲームで遊びたいです!

だから、
絶対にWii Uを下さい!

そう書かれていました。

僕は胸が締め付けられる想いでした。

 

僕自身も小学生の頃に
「いじめ」られていた経験があります。

友達だと思っていた子に急に
「バカ」にされる、「仲間外れ」にされる

あの何とも言えない、

心の苦しい想いを

やるせない想いを

寂しい想いを

息子も味わっているのかと思うと

涙がこみ上げてきました。。

 

なんとかしてあげたい!

僕は、そう思いましたが

 

しかし、現実問題

お金がない!

ないどころではなく、
月末の借金の返済分のお金も用意できていないです…。

僕は息子の寝顔と妻に

「すまない」と謝って

バイトに行きました。

 

バイト中もずっと息子のプレゼントの事を考えましたが、

やっぱり、どう考えてもWii Uを買うお金はない…

冬の寒い倉庫で

「俺は、なんて情けない父親なんだ…」

自分の不甲斐なさに打ちひしがれました。

 

そして、夜勤のバイトから帰ると、

ちょうど息子が起きるぐらいの時間でした。

すでに家の遠くから

大きな泣き声が聞こえてきました…。

その泣き声の主は、もちろん息子でした…。

 

「サンタさん、ウチに来てくれなかったー!」

「またゲーム持ってないって、みんなにバカにされるー!」

「学校行きたくない!うわーん!」

小学生の息子の悲痛な叫び…。

 

そんな息子を優しく抱きしめながら嫁は

「サンタさん、来てくれへんかったなー。サンタさんも忙しいからなー」

「良い子にしてたら、来年は絶対にウチに来てくれるよ」

「ゲームのことをバカにしてくる子は、本当の友達じゃないよ」

そう言って
息子を慰めていました。

その光景を見て

僕は

悔しさ

が、止まらなかった。

俺は、息子がいじめられて困っているのに

それを助けることができない最低の父親だ!

お金さえ、あれば

プレゼントを買ってあげて
俺は息子を笑顔にすることができるのに!

日頃から、
家のお手伝いとかもやってくれる
素直な息子

いつも一緒にいて
笑顔でいてくれる

自分にとって
大切な息子なのに…

お金がないせいで
プレゼントができないせいで…

我が子すら
守ることが、

できないじゃないか!

「世の中、金が全てじゃない」とか言うけど、

今、リアルに俺の問題を解決させてくれるのは

お金じゃないか!?

なんなんだ?

お金

お金

お金って!

チクショー!

この貧乏な状態は…

どーやったら抜け出せるんだ!?

そして、このまま

1年後の俺も貧乏なままなのか?

そう考えた瞬間に、
背筋に悪寒が走りました。

絶対にイヤだ!

1年後、またこの光景を見るなんて
絶対にイヤだ!

僕は息子の涙を見て

その時、自分がやっている事業に
「締め切り」や「期限」を設けず

「いつか、売上げが上がる日が来る」

耐えていれば、
いつか花咲く時が来る。

それまで、我慢だ。

みたいな希望的観測…

頭、お花畑状態の甘ったれで生きている自分に
気付かされたのです!

 

お金が必要なのだ!

「息子を泣かせてしまった」という現実を見て

僕はそれまでの自分が

「お金がない」=「社会の役に立てていない」というリアルな現実を

なるべく見ないように

誤魔化していたんだと
気づかされました。

 

お金が欲しい!

僕はシンプルに
そう考えるようになりました。

そうだ!

俺はサラリーマンをリストラになった時から
シンプルにサラリーマンじゃない方法で稼げるなら

なんだっていい。

そう考えて、
友人と起業したんだった!

それが自分の中でいつの間にか

人材派遣の事業を立ち上げたんだから
人材派遣の仕事で成功しなきゃいけない。

そう思い込んでしまっていた。

手段と目的がおかしくなっていることに気付いた。

 

僕はシンプルに稼げる方法を探した。

そして、ネットビジネスに出会った。

胡散臭いと思った。

本当に稼げるのかよ…

未知なるものに挑戦するのが怖かった。

でも

来る、12月24日までに
絶対に貧乏から抜け出す!

息子に何でも欲しいものを買ってあげる!

そう決意した。

 

怠け者で面倒臭がり屋の僕が
なぜ、ネットビジネスで稼げるようになったのか

その答えは、かなりこの

1年後の俺も貧乏なままなのか?

これをメチャクチャリアルに考えて
恐怖した。

そして行動に移せた。

ここがキモだと思います。

 

人間ってやっぱ怠惰な生き物でして

自分自身で気合い入れないとすぐに怠けてしまう。

これは、今も
僕は特に、そーなってしまうw

今はブログの仕組みがあって
毎月、勝手に収入があるから問題ないけど

何も仕組みがない状態で
怠けていると

あっという間に「貧乏」って闇に
飲み込まれてしまうと思う。

本当に僕は、もう二度と
貧乏な想いはしたくない。

だから、学び続けるし、
他人に価値提供しまくる人生を選ぶ。

実際に僕はネットビジネスをやって感じたけど

ネットを使って
他人に価値提供するスキルを持ってると

青天井にお金は稼げると
断言できる。

ただその仕組みも
学ばないと「見えてこない」

貧乏だった頃の僕は、無知で
全く何も見えていなかった。

貧乏から抜け出す出口が見えないのが
本当に辛かった。

あの時、「1年後の俺も貧乏なままなのか?」に恐怖して

勉強して本当に良かった。

マジでそう思う。


転職活動ランキング

ポチっとして頂けると励みになります!

借金300万円のダメなおっさんがブログで稼いだ方法を大暴露!


38歳で会社をダメにした実績しかなかった僕がブログで稼げるようになったノウハウ。


クリックで読めます!